NSWが考えるデジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションとは?

DX(Digital Transformation)とは、デジタル・テクノロジーを駆使して経営(ビジネス)のあり方やビジネスプロセスを変革することです。これまでも企業は様々なシーンでデジタル・テクノロジーを導入してきました。

しかしそれらの多くは従来のビジネスモデルやビジネスプロセスをデジタル・テクノロジーに置き換えることで、企業内部の効率化やコスト削減を目指すものでした。

いま注目を集めているDXはこれまでと異なり、企業の内だけではなく外へもデジタル・テクノロジーを活用する新たな動きです。

業界を破壊し、一気に競争優位を手に入れるゲームチェンジャー

いま日本でDXが注目されている背景には、デジタルを駆使したビジネスモデルで次々と業界に参入する企業の台頭があります。これまでの業界の枠組みを大きく変え、一気に競争優位に躍り出た彼らは、まさに業界の「破壊者」といえるでしょう。これらの企業はいずれも既存の業界にデジタル・テクノロジーを駆使した新しいプラットフォームを立ち上げ、ビジネスだけでなく社会のあり方も大きく変化させました。

業界のゲームチェンジャーとして確立された競争優位は、その後も継続します。これからの企業は業界内の競争だけでなく、業界の外からやってくるゲームチェンジャーとも戦うプレッシャーを感じ始めています。

企業がゲームチェンジャーとの競争に勝ち抜くために

これまで多くの日本企業は安定した業界の枠組みやビジネス環境の中にあり、そこで起きる変化に適切に対処することで、事業を維持・成長させることができました。しかしこれからは激変するビジネス環境の中で、業界の垣根を越えてやってくる変化に対応しなければ、事業の維持・成長が難しくなりました。

こうした環境で企業が生き残る鍵がDXです。DXが目指すものは、デジタル・テクノロジーを駆使した新たなビジネスの創造です。DXは破壊的競争力や新しい価値基準(価格、納期、利便性など)をもたらす、大きな力をもっています。

技術がデジタルトランスフォーメーションを加速させる

DXを支える技術には、IoT、AI、RPA、VR/AR、ロボティクス、ブロックチェーン、ビッグデータなど、様々なものがあります。こうした技術を前提とし、最適化したビジネスの仕組みを創造するのがDXです。すでにこれまで人間が行っていた判断と意思決定の一部は、AIに置き換えることが可能になっています。ITだから導き出せる圧倒的で精緻なデータを活用し、人間がビジネスを考えることができるようになりました。

人間の仕事をITが支援していたこれまでのデジタライゼーションから、ITの利活用で人間がこれまでなかった価値に気づくDXへ。そこには新しいサービス、体験、データ、つながりが生まれ、大きなビジネスの機会を創出していきます。

企業のデジタルトランスフォーメーション推進を阻む壁

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会が実施した「企業IT動向調査2018」によると、DXを実施している(20%)、検討している(30%)、関心はあるが未検討(40%)とあり、多くの日本企業がDXに関心を向けていることが示されました。

ところがいざDXを実施しようとしても、そこには困難が立ちはだかります。経済産業省「デジタルトランスフォーメーションに向けた課題の検討」によれば、企業のIT関連予算の80%は現行システムの維持管理に使われています。さらに保守・運用費が高騰する技術的負債に追われ、戦略的なIT投資に資金や人材を向けられなくなっています。

さらに「経済産業省 DXレポート」によれば、日本企業は2025年に下記のようなIT危機「2025年の崖」に直面することが予想されています。

  • 基幹システムを21年以上稼働している企業 60%
  • IT人材不足 43万人
  • IT予算における保守運用費の割合 90%
  • システムの老朽化に起因するトラブルで生じる経済損失 最大12兆円

いまから数年後には、多くの日本企業はこれらの危機に直面することになります。企業のIT部門はこうした課題を感じていますが、製品開発部門などでは危機感をもっていないところも依然として多いようです。

デジタルトランスフォーメーションを実現するために

お客様を守りのIT投資から、攻めのDX投資へ

保守・運用費の高騰により戦略的なIT投資が難しい状況は、多くの日本企業に共通しています。こうした問題を無視しながらDXを推進するのは難しいでしょう。真のDXを可能にするのは、それを阻む弊害や課題の除去が必要不可欠だと当社は考えます。

長年SIerとして多くのお客様をサポートしてきた当社では、多くの企業に存在するITの課題とそれを取り巻く環境を深く理解しています。だからこそNSWが支援するDXの取組みでは、DXを妨げる問題の解決とDX推進の同時並行が可能です。お客様の現行システムの効率化、省力化、自動化でDX推進のリソースを創出し、お客様を守りのIT投資から攻めのDX投資へ変化させます。これまでコストだったITを競争力の源泉にすることで、真のDXを実現させます。

構想から導入まで。NSWが支援するデジタルトランスフォーメーション

NSWでは、お客様のDXの構想策定から本格導入までを、当社のビジネスメンバーと技術メンバーがサポートします。初期はビジネスメンバーが中心となり、テクノロジーの知見を活かし、プロジェクトの実現性をお客様と一緒に検討します。その後の実証検証(PoC)や本格導入では、技術メンバーが新しい技術をスピーディに提供します。新規事業の検討からシステムのリリース、投資効果の検証まで、途切れることなくお客様と一緒にゴールを目指して走り続けます。

NSWのスピードと技術を背景に、お客様の現場と一体となったコラボレーションやイノベーションを進め、お客様が接するステークホルダーを常に意識しながら共創ビジネスを生み出します。

IoT、AIをはじめとする技術力の高さで、お客様をサポート

NSWの技術力がお客様のDX推進を力強く支えます。NSWでは自社のコア技術(デバイスデザイン、組み込みエッジ技術、業種・業務ノウハウ、クラウド技術)だけでなく、IoT、分析AI、RPA、AR/VR、ブロックチェーンに関連した幅広い技術を提供します。

中でも当社ではIoTとAIに早くから取り組んできました。IoTはNSWのコア技術を活かした、デバイスからクラウドまでのトータルサポートが可能です。自社プロダクトであるIoTプラットフォームToamiは、30か国以上で100社を超えるお客様に活用されています。またAIによるビデオアナリティクスのコアテクノロジーで大きい強みをもつToami Analyticsも、工場や物流倉庫などをはじめとし、お客様の様々なシーンで導入されています。

NSWが描く、デジタルトランスフォーメーション

Before DXからAfter DXへと世の中が変革する中で、当社自身も変化の必要性を感じています。

NSWが目指すDX事業では、これまでのSIerの役割に留まらない役割が求められます。お客様の要望に応えて安定したシステムを構築するSoR(System of Record)から、お客様と一緒にビジネスの解を追求するSoE(System of Engagement)へ。
「何がお客様のためになるのか」という視点から、ビジネス環境の5~10年先を見据えて戦略的提案を行うプロ集団として、お客様の真のDXを推進していきます。

NSWでは「DX FIRST」のスローガンのもと、多くのお客様と多岐に渡る取り組みを進めています。